HOME>アーカイブ>節税の仕組みと築古と築浅の違いについて解説します

節税になる仕組みについて

住宅模型とお金

ワンルームマンションの投資というと、家賃収入や売却利益を見込めるということに目が向いてしまいますが、節税効果もあるということを知っているでしょうか。もし、ワンルームマンションの投資を節税目的で行うのであれば、不動産投資で赤字を出すことがポイントになります。赤字を出すというと損をしてしまうようなイメージがありますが、本当に赤字を出すのではなく、帳簿上の赤字を出すことが大切です。その不動産投資の赤字を確定申告すれば、損益通算によって給与収入と合算され支払う所得税の還付を受けることができます。ワンルームマンションの投資で経費に計上できるものは、不動産購入時にかかった費用以外にも、物件の修繕費やセミナー参加費、交通費なども計上することが可能です。

築古物件の特徴について

マンション

ワンルームマンションの投資には、築古物件と築浅物件の二種類があるということを知っているでしょうか。築古物件に投資するメリットは、購入時の金額が安いので利回りが高い点です。他にも築古物件は、価格と家賃が下がりにくいという特徴があります。築年数が経っている物件は、設定賃料も相場に慣らされているケースが高く、購入した後にすぐに家賃が下落することは少ないといえます。価格も長い年月によって下げ止まっている場合が高いので、下がりにくいといえるでしょう。

築浅物件の特徴について

マンションの模型

築浅ワンルームマンションに投資するメリットは、比較的高い家賃であっても入居率が高い点です。入居者の視点からすると、古い物件より新しい物件になるべく住みたいと考えることが多いので、築浅物件は人気があります。また築浅物件は建物としての価値がまだ残っているので、減価償却費が高く、節税効果も高いといえます。節税目的でワンルームマンションの投資を行うのであれば、築浅物件を狙うのがポイントになります。

広告募集中